読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIARIUM

日々の発見や描いたイラストについて綴ります。

自分がイラストを描くときに心がけていること

イラスト

タイトルの通りの記事です。

絵を描きはじめたばかりの初心者さんむけに、自分が絵の練習をするときに心がけていることを書いておきます。

多少ためになる点もあると思うので、是非ご一読くださいね。

イラストを描くときに心がけていること

1.他の人が描いた絵に触れること

自分よりもずっと上手で、ずっと魅力的な絵を描く人がこの世にはごまんといます。

そういった人の絵を観察して、ここがいいなと思った点はなるべく自分の絵に取り入れるようにしています。

私は、Youtubeのメイキング動画や、プロのイラストレーターの画集や、他のイラストブログさんをよく見るようにしていますよ。自分の絵と他人の絵を比較することで得られるものは多いです。

2.キレイな線で描くこと

きれいな線で描くことは初心者だからこそ一番心がけるべきポイントですね。

シャッシャッと乱雑な線を重ね描きしていませんか?

ラフ(下書き)を描くときに乱雑に描くのは良いですが、本書きでそれをやってしまうのはあまりよくありません。

消しゴムなども駆使して、できるだけキレイな線で絵を仕上げると見栄えが良くなります。

3.時間にとらわれないこと

締切に追われた漫画家でもない限り、自分の絵にかける時間を気にしすぎる必要はないでしょう。

一定の時間である程度の品質の絵を仕上げられるのは良いことですが、初心者のうちは丁寧に時間をかけて描きたいものを描くと良いです。絵は描けば描くほど上達するものですが、よく観察しないまま適当に描いた絵を量産するよりは、じっくりと観察して丁寧に絵を描き続けるほうが身につくものは多いと思います。

4.描いたことがないものは積極的に描くこと

イラストを初めて間もないころ、斜め顔は描けるけどそれ以外は描けない…という状況に陥ったことがあります。今だから言えますが、それは描けないんじゃなくて描き慣れていないだけです。対象を単純な図形に置き換えてみたりすると、案外サラッと描けるものです。とにかく、描いたことがないものは積極的に描いて、自分が描けるもののレパートリーを増やしましょう。

5.好きなものを描き続けること

美少女が描きたいのにおっさんを描いていても仕方ありませんね。

あなたが描きたいものはなんですか?少年でも少女でも、百合でも薔薇でも、オッサンでもオバサンでも、なんでも好きなものを描き続ければ良いのです。

何回も何回も何回も描き続けていると、そのうちあなたが描いた美少女にイケメンな彼氏を組み合わせたくなったりするかもしれませんね。その頃にはきっと、いろいろな年齢や性別の人間が描けるようになっていますよ。

6.描き上げただけで満足しないこと

イラストを描き上げたあと、満足感に浸るのはほどほどにして、自分の絵を評価してみると良いと思います。

実際、私もこれをやり始めてから絵の上達が早くなりました。

自分の描いた絵の欠点を挙げつらねて、次回描くときにそれらの欠点を解消する。その繰り返しでだんだんと理想の絵柄に近づいていけます。

ちなみに…

一番最初にブログにアップロードしたイラストと、昨日描いたイラストを並べてみると、自分の絵が結構上達してるのがわかりますね。昔描いたイラストは捨てずにとっておくと、自分の上達具合が分かって楽しいですよ。

ブログを初めて最初に描いたFF15のノクティス(知人にはナルトのサスケに見えたようですが…)のイラスト。

昨日描いたキルラキルの纏流子。

ノクティスのイラストと比べると、全体的に線が細くなって、体全体を描けるようになってますね。